X

テクノロジアーキテクチャ

リーグチェーン

ハイパーレジャー・ファブリックに基づく

パブリックチェーン

DPOSとP4Pクに基づく

GGC リーグチェーンは

GGC リーグチェーンはGoldlinks及びGoldlinksファンド、金鉱鉱山オーナー、金鋳造工場、金取引機構等といったグローバルブロックチェーンリーグGondlinksの全参加者が共同運営します。

GGC リーグチェーンはIBMのハイパーレジャー・ファブリックをベースとして開発されました。

レジャーはGGCに関連する全ての取引を記録します。メンバーは権限に応じてレジャーを調査及び修正することが可能です。

レジャーは各チャンネルのピアで保守されます。

ピアはメンバーサービス提供者、別名MSPシステムが管理します。

ChainCodeはGGCリーグチェーン中のスマート契約を代表します。異なるピアは同じChainCodeを配置できます。

Goldlinks パブリックチェーン

GoldlinksパブリックチェーンはGGCやその他デジタル通貨をサポートし、デジタル資産または実物資産を速やかに交換、決算及び清算するために開発されました。

Goldlinks自治コミュニティの奨励、割引、投票といった権益も、パブリックチェーン中で記録されます。

パブリックチェーンは証明委任のコンセンサスメカニズム(DPOS)に基づき、Goldlinks ファンドが開発した高い安定性を誇る4P技術を融合させました。

最後に、GoldlinksはAPIとSDKにより、Goldlinksエコシステムの構築への参与を希望する開発者にインターフェースを提供します。

双方向ペッグ技術

Goldlinksプラットホームはメインチェーンとサイドチェーンを組合わせてGGCリーグチェーンとGoldlinksパブリックチェーンの間の双方向ペッグをサポートします。

分散化技術 によりメインチェーンとサイドチェーン間のデジタル資産の転換、すなわち簡易支払検証(SPV)を実現します。